2012年06月01日

安田記念:日刊コンピ

大変ご無沙汰しており、言い訳のしようがありません。
楽しみにチェックされていた方より、「そろそろ復帰したら?」とコメントいただき、久々に書こうと思います。
この間、色々ありました。

そもそも、私は、日刊スポーツ紙日刊コンピ指数をベースに検索し馬券組みを行なっております。
そのコンピ指数は数字です。
ですが、サイコロ同様、出目の流れは動きます。

その流れに乗れた時もあれば、乗れないときもある。
世のトレンドについていけないときもあれば、先を越していることもある。

どうでも良い事を考えておりましたね〜
簡単に言えば、アップ出来るほど、楽しんでいなかったのでは?と思います。

さて、今週の競馬G1は安田記念です。
日刊コンピ指数を眺めていると、ふと気付く事があります。
「初心、忘れべからず!」
そうなんです♪
飯田雅夫氏ハイパーナビゲーションの基本中の基本な指数並びが、今回のお題です。

応用編は、自分の直感に任せるとして、基本パターンでも充分、穴馬が炙り出せそうです。
外国馬の参戦もあるため、ポジションギャップでオイシイ馬券にもありつけそうですので、楽しんでみたいと思います。

<6・3 東京11R 安田記念>

★72・67・66 ⇒馬指数3位、4位
          ⇒馬指数1位、2位
          ⇒馬指数7位、8位、9位、12位


120603安田記念1.jpg

荒れるパターンの原点とも言える、指数1位72の登場です。
ナナメ読みするだけでも、目立つ指数があります。
穴馬ですと、馬指数7位や馬指数12位が絡んでくると高配当ですね。
あとは、枠指数の人気薄を狙ったり、お好みでアレンジでき、荒れるレースと考えておきたいです。
さらに絞ると、クッキリ炙り出てきます♪

★72・67・66・54 ⇒馬指数7位、12位
             ⇒馬指数1位、2位、3位、4位


120603安田記念3.jpg

日付や配当などは文字化け気味で申し訳ありません。
配当のピンクは10万円以上の配当を示しております。

ここでも、馬指数7位、12位が残っており、鮮明になってきます。
注意点としては、馬指数1位〜4位の馬が絡んでくる点です。
このあたりは、当日の流れを読み切れるか?が分かれ目でしょうか・・・・

★72・67・56 ⇒馬指数1位、3位、4位
          ⇒馬指数11位、12位、13位
          ⇒馬指数7位、8位


120603安田記念2.jpg

馬指数5位56に注目するのも、ハイパーナビゲーションの原点です。
候補馬で3連フォーメーション馬券なんかも妙味かな?と思ってます。

そんなこんなで、相変わらず優柔不断ですが、復帰戦だけに楽しみながら馬券を組みたいと思います。

やはり、励みになる応援クリック↓↓↓がないと、モチベーションが・・・・よろしくです。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬指数へ

nikkan_hyper01.png
posted by セカンドウィンド at 22:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 日刊コンピ予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

桜花賞:日刊コンピ

すっかりご無沙汰しております。
という枕詞からスタートする事が増えてきました。
競馬も大好き、野球も大好きですが、最近ランニングに取り組んでおり、自らの追い切りに精を出しているこの頃です。

さて今週は、3歳クラシックの第1弾、桜花賞
混戦模様と言われたり、血統、ステップ、調整過程など、様々なファクターはありますが、ここでは、日刊スポーツ紙の日刊コンピ指数を解析し、気ままに紹介させていただいております。
基本は、飯田雅夫氏のハイパーナビゲーションが、検索手法となります。
買うのは、自己責任な訳ですが、どうせなら面白おかしく購入して的中させたいものです。

このページを楽しみにされている方?がいるならば、待ちに待った久々アップですので、今日は3つの検索結果をご紹介したいと思います。

<4・8 阪神11R 桜花賞>

★85・71・61 ⇒馬指数1位、2位、3位、4位、5位
          ⇒枠指数1位、2位、3位、4位

120408桜花賞−1.jpg

一見、何の変哲もないデータに見えるかもしれません。
ここで、知っていて欲しいのは、指数1位〜5位の馬が必ず1頭以上は絡むということです。
この5頭の中に馬券対象の馬がいる確率が高いわけです。


★85・71・52  ⇒馬指数1位、2位、3位、6位
           ⇒馬指数4位、9位

           
120408桜花賞−3.jpg

馬指数7位52が気になり、検索したところ、思いのほか馬指数6位が目立ちました。


★85・71・18頭立て ⇒馬指数1位、2位
             ⇒馬指数4位、9位


120408桜花賞−2.jpg

サンプル数は少ないですが、絞りを入れてみました。
すると、馬指数4位、9位にもマークが必要になりそうな予感です。

やはり、少額で夢を見たいので、オッズも気になります。
じっくり、馬指数の並びと人気を照合させていくと、ポジションギャップしています。
(ポジションギャップとは、通常、オッズ人気が、ほぼ馬指数順になるのに対し、指数順位以上に人気になったり、人気にならなかったりするケースを指しております。)

ならば、この盲点を突いてみるのも妙味かもしれません。
馬指数1位を買い目に入れても、ポジションギャップしている馬や、中位指数の馬を組み合わせればオイシイ馬券に出会えるかもしれません。
無論、解説ばかりが上達し、買い目に磨きがかからないので、大口は叩けませんが・・・・
正に「解説上手の馬券下手」です。
久々に競馬を楽しもうと思ってます。

よろしかったら、励みになる1票クリック↓↓↓お願いします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬指数へ

nikkan_hyper01.png
posted by セカンドウィンド at 20:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 日刊コンピ予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

フェブラリーS:日刊コンピ

今週は、今年最初のG1レース、フェブラリーSです。
毎年、私の給料日前に行われる、何とも世知辛いレースでもあります。
そんな小市民をあざ笑うかのように、過去に、配当妙味な結果も出ておりません。
せいぜい中穴程度でしょう。

さて、今年はどうなるのかな?
私は、日刊スポーツ紙の日刊コンピ指数を利用しておりますので、馬名や血統については、このカテゴリでは伏せておくことに・・・・・しておきましょう。
基本は、ハイパーナビゲーションを駆使した予想であることに間違いありません。

でも、前日発売があるだけに、気になるはオッズと人気。
どうしても色気が出てしまいます。
今回は、指数1位の馬が、単勝2倍を切る支持率ですね。

少額で楽しむなら、買い目は大きく2パターン。

・支持率の高い馬から大穴馬へ。

・支持率の高い馬を外し、中穴馬同士の馬券組み


その傾向を読み切るには、コンピ指数は欠かせないのです。
アップする以上、それなりのデータが必要なわけですので、ボチボチご紹介していきましょう。


<2・19 東京11R フェブラリーS>

★84・57・59  ⇒馬指数6位、2位、3位
           ⇒馬指数1位、4位、5位
           ⇒枠指数2位、3位


120219フェブラリーS-1.jpg

馬指数1位から、基本通りにフィルターをかけて検索すると、馬指数1位は人気ほどの信頼性はないのでは?と仮説が立ちます。
また、馬指数6位が馬券対象に来る確率が非常に高いのも特徴的ですね。
あとは、枠指数とのバランスです!


さらに絞りを入れてみると・・・・・

★84・77・59・57・56  ⇒馬指数2位、6位
                 ⇒馬指数3位、5位


120219フェブラリーS-2.jpg

クッキリと1位を斬る理由づけが出来ました♪


この4頭の組み合わせを意識しながら、少額で楽しんでみようと思います。

ん?馬番を公開しないのか!って?
日刊スポーツ紙を購入されるか、日刊スポーツ競馬のサイトより情報収集して下さい。
http://keiba.nikkansports.com/memberSite/


いよいよ、我が師匠・飯田雅夫氏の最新本が発売されます。

日刊コンピ大宝典

新品価格
¥2,000から
(2012/2/18 21:57時点)



らくらく予約しゃちゃって下さい。


週末に、コンピ指数を見るまでは、鉄板だと思っていた馬指数1位の馬ですが、指数を分析してみると、一筋縄にいかない予感がしてきました。
そして、コンピ指数発表前は、斬り候補に挙げていた、馬指数6位が浮上してきてしまいました。
正直迷いますが、少額で夢をみるなら、馬指数6位の馬を拾い、馬指数1位の馬を外すしかなさそうです。
当日の流れも、大事ですので、しっかり傾向を観ていきたいところです。

もしこれで、高額配当にありつけた暁には、下記の財布にリニューアルする予定です。




よろしければ、励みなる1票クリック↓↓お願いします!!
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬指数へ

nikkan_hyper01.png
posted by セカンドウィンド at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日刊コンピ予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。