2010年06月28日

オールスターでロッテ戦士に期待すること

ワールドカップで盛り上がる中、本日、マツダオールスターゲーム2010のファン投票結果が発表されました。

http://allstargame.npb.or.jp/result/

毎年思うことですが、偏りがあるな〜と思うのです。
そして、後半戦へ向けて、無理をさせないので監督の策略が見え隠れしていてドキドキも半減です。
夢の球宴である以上、スター選手たちが想いを込めてぶつかり合って欲しい!と思うのですが、ある種のお祭りムードを持ち合わせるため、真剣勝負を観る瞬間が少ない気がしてなりません。

ここからは、私的なマリサポ視点で、お話させていただきます。

今年は、おかげさまを持ちまして3名もファン投票で選出されました。
6月28日現在の成績をみながら、コメントしていきましょう。


#6 井口資仁選手 

⇒四球王、二塁打王、出塁率2位


ほぼ納得です。序盤スランプ気味でしたが、キッチリ調整してくるあたりは流石です。
彼の適職は4番ではないことを象徴している数字に思えます。


#52 金泰均選手 

⇒本塁打王、打点王、犠飛王、三振王、長打率5位


これまた、来日1年目にしては、期待以上の働きであり誰もが認める選出であり、セリーグとの対戦は楽しみな選手ですね。開幕当初からの三振も、この数字ならファンは見捨てないでしょう。

さあ〜て、ここからが問題です。
とはいえ、私は是非とも出場して欲しい選手のひとりであったため、ホッと胸を撫でおろしております。


#22 里崎智也選手 

⇒打率ワースト5位、三振ワースト僅差の5位



まさかの選出です!!
本来であれば、楽天・嶋選手なのでは?と・・・・
所謂、ファン投票トリックでしょうか?
それとも貫禄か?
っという私も、里崎選手に1票投じた一人であります。

なぜか?
実は、上位にランキングしている部門もあるのです。

・四球は僅差で7位

・出塁率も僅差で9位(6位まではいけるでしょう)


やはり、日の当らない場所を語らないわけにはいきません!
ついでに、私はヒールプレイヤーをこよなく愛するが故、ここ一番での威風堂々とした三振を楽しんでみております。
(半分、呆れ気味ですが)

是非、この3名様には、今年のキャラを存分にアピールしていただきたいです。

里崎選手の選出に喜ぶならば、やはり半ば政治的でもいいので選手間投票や監督推薦から彼らにも出てきて欲しいですね。
マリーンズが誇るヒールプレイヤーたちの活躍に期待です。

#7 西岡剛選手 ⇒昨年最後のブーイングを経て、今年キャプテンとして成績以上に存在感を示しております。今年のキャプテンランキングは1位と認めても良いと思います。でもエラーも三振も目につきますので、ヒールに徹してみては?

#17 成瀬義久選手 ⇒開幕投手の宿命か?目下の被本塁打王です。セリーグのスラッガーたちへ、本塁打をプレゼントして欲しいです。この幕張の花火師を登用して試合を盛り上げて欲しいです。(過去に実績あり!)

最後は、なんといっても

#3 サブロー選手 

でしょう!

目下の成績は素晴らしいです。

・併殺王
・三振はワースト2位
・出塁率ワースト6位


とても昨年は選手間投票で出場したんだ!などといえる成績ではありません。
是非とも、チャンスで三振や併殺でファンをブーイングの渦へ導いて欲しいです。
まあ、これは今年に限った話ではありませんが、お約束ってことで♪

#8 今江敏晃選手や、#10大松尚逸選手も監督推薦候補でしょうが、やはりオールスターでは、まだ役不足な感覚を覚えます。
人が良過ぎます・・・

贔屓目ですが、私がみたいのは、マリーンズを中心とした明と暗です。
何度も申しますが、夢の球宴である以上、お膳立て選手がいてこそ!のスター選手です。

せっかくの機会ですので、この隠れたキャラクターを全国区にしてきて欲しいです。

最後に、セリーグの投手部門で選出された、広島・前田健太投手には拍手を贈りたいです。
交流戦の対マリーンズ戦の2試合は仕事を早く切り上げてみたくらいです。
広島ファンだけでなく、野球ファンの誰もが、オールスターで観てみたい選手ではないでしょうか?
現在の広島の選手層を考えても、この勝ち星は立派です。
防御率、マウンドでの雰囲気にはワクワクさせられます。
マリサポですが、結局、なんだかんだで、野球ファンです。
良い選手は、純粋に賞賛します。
来期以降、マウンド上で、もう少し堂々としてくれるなら、これまた、ヒールな投手・川口和久氏を応援したように、彼の登板だけは応援したいものです。

皆様は、今年のファン投票の感想はいかがですか?
ぜひぜひ、応援クリック↓↓↓お願い致します。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 野球ブログへ   にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ








posted by セカンドウィンド at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

宝塚記念:日刊コンピ指数

いよいよ上半期最後のG1宝塚記念です。
日刊スポーツはワールドカップの記事で目いっぱいかと思いますが、日刊コンピ指数だけみている私には、猫に小判といったところでしょうか・・・

そんな方は、日刊スポーツ競馬に登録しておくと便利かもしれませんよ!

http://keiba.nikkansports.com/memberSite/

本日は福島で、私の師匠である飯田雅夫氏が「ニッカン競馬セミナー」で公演してました。
参加されたからはいらっしゃいますか?
今回、私はサポートできませんでしたので、内容が気になります。
次回は新潟みたいですよ!

http://enjoy.nikkansports.com/information/0911081030.html

さて、宝塚記念の日刊コンピ指数ですが、印象としてはガッカリです・・・
この指数で馬指数1位、2位、3位が連を外す可能性は極めて低い傾向にあります。
特に1位は高連対率です。
穴党の私は基本的には様子見となります。

苦肉の策ですが、ヒモ荒れくらいは見込めそうという想いを込めて下記パターンをご覧ください。

今回の指数でのポイントは

・馬指数5位55

・馬指数6位53


であることです。
淡い期待ですが、参加程度の少額で遊んでみるのには良いかもしれません。
何せ、コンピ泣かせ男・武豊Jは出てません。
そして、フォゲッタブルが出走です。



<6・27 阪神10R 宝塚記念>

★83・73・55・53  ⇒1位、2位、3位、5位
              ⇒3着に9位

★83・73・55     ⇒1位、3位、5位、7位、8位、9位

★82・73・46     ⇒1位、2位、3位
              ⇒複勝圏に7位、12位


上記より、ヒモ荒れするなら、7位、8位、9位、12位あたりと睨んでおります。

最近は効力が薄れてきておりますが、フォゲッタブルにまつわるエントリは下記です。

http://umax.seesaa.net/article/134457160.html

もう皆さんは決まりましたか?
私は、自分の予想と相性が比較的良い、2番・アーネストリーに注目してます。
馬指数3位に位置しており、可能性は低いですが手頃なところかなと思ってます。

よろしかったら、応援クリック↓↓↓お願いします♪
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬指数へ

nikkan_hyper01.png 競馬インデックス!
有力競馬情報










posted by セカンドウィンド at 22:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日刊コンピ予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

宝塚記念と日刊コンピ

今週は、グランプリレース・宝塚記念ですね。
私が活用している日刊コンピ指数のデータ分析は、飯田雅夫氏のハイパーナビゲーションを中心に行っております。

ハイパーナビゲーションの基本は

・波乱レースを探索
・波乱レースで馬券購入


となる訳ですが、3連単馬券が発売以降は、指数1位の取捨がポイントになると考えております。

今回の宝塚記念について、この取捨について言及するなら、

本命党なら軸に据える必要があり、穴党でも拾っておくべき!

となります。

これを踏まえ、ナナメ読みというか、縦読みというべきか、過去の宝塚記念をデータ分析してみると、面白い傾向が見つかりました。

<本命党>

・指数1位は高連対、軸にして良し!
・3連馬券の2頭軸なら、指数1位―5位、1位−6位、2位−3位か!


正直なところ、穴党の方も、この買い目でオイシイ3連馬券にありつける可能性はあると思います。


<穴党>

・波乱の起点は、指数7位

・指数5位も高額馬券をアシストしている
・指数4位の連対率は低い

・複勝圏狙いなら指数10位は妙味

となりました。

まだ、日刊コンピ指数の発表前ですし、当日の流れにも注意が必要ですが、単なるナナメ読み、縦読みで、上記の傾向を掴むことが出来ました。

今回の指数1位はやはりブエナビスタでしょうか?
近年は牝馬も善戦してますが、「牝馬=夏競馬」といけるのか?
いやいや本当に強いのか?
日刊コンピ指数で馬券を組む私には、あまり関係のない話かもしれません。
むしろ、注目は、ジャガーメイルが参戦なら、指数1位と2位が僅差であり、さらにドリームジャーニーがいるわけですから、指数1位が何点?であるかです!

近年の宝塚記念の日刊コンピ指数の1位に比べ、低指数であれば、波乱の可能性が高くなり、出番があるかもしれないと思うのです。

さて、上位指数に配置され馬も注意ですが、こうなれば、

指数7位の馬に注目!!

したいです。

みなさんは、もうお決まりですか? 応援クリック↓↓お願いします♪
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬指数へ

nikkan_hyper01.png 競馬インデックス!
有力競馬情報











posted by セカンドウィンド at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日刊コンピ予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。