2010年12月31日

箱根駅伝まで、あと2日

箱根駅伝まで、あと2日。
学生が主体のアマチュアスポーツと十分理解しつつも、予想や展望を語りたくなる自分がいます。
本日、私の拠点である関東と遠く離れた山口在住の友人からメッセージが届きました。
今年こそ、箱根駅伝を予想的中し、お宝をゲットしようと思ってます。
(昨年は、敗戦し「鈴廣のかまぼこ」を贈呈しました)

<友人メッセージ>
こんにちは。
ポイント設定は以下の通りです。
1位:200Pt、2位:150Pt、3位:100Pt、4位:80Pt、5位:60Pt、6位:50Pt、7位:40Pt、8位:30Pt、9位:20Pt、10位:10Pt

※シード組から3校以内、予選会組から2校(うち1校はポイント2倍) の計5校の合計ポイント。
<ここまで>


そんでもって、私のメッセージは下記です。


<私のメッセージ>
今大会は、5校枠を存分に活用するため、ハンデ覚悟で夢の箱根予想とします。

<シード枠>
・早稲田大
・東洋大
・東海大

<予選会枠>
・拓殖大(ダブルポイント!)
・帝京大



今年のキーワード「3」は3連覇ではなく、3冠とみました。
志方くん情報のおかげで、猪俣英希くんの出場を確信しました。
「全国の受験生に夢を与える走りを、より一層長く放映させる狙い!」と睨んでます。
(ちなみに、往路の明治と東洋大は広告駅伝で、受験者数を倍増させました)
ブログで揚げた、猪俣くんの激走に期待してます!
東洋・高見くんをマークして、八木・三田を隠しているなら、やはり、9区・10区で友情の襷リレー!
そして、意味もなく三田くんが復活の感涙をすることでしょう。

2着は、東洋大。
大津くんの7区とカッシーの5区不安説が気になりまして・・・
8区で勝負を決めれば、高見くんは9区でも10区でもOKでしょう。
5区がすべてです。
ここが機能すると、7区・大津くんが効果的ですよね。
迷いました・・・

3着は東海大。
スター選手を2枚抱えている大学を探すと・・・・結構ないですよね!
それを2区・5区に据えるあたりが、箱根を終えても、将来的に期待できるんですよ。
長い目で楽しむうえで、箱根がすべてではない配置が魅力的です。
特に、5区は情けなくも打倒カッシーを宣言する大学がいない。
(本来、早大は佐々木くんで来て欲しかった!)
その5区に早川くんがいるのが、抜擢の理由です。

予選会組みでは、ダブルポイント・拓殖大に注目です。
こちらもブログで、紹介した「天国のダイスケへ」の本を読み、今年読んだ本の中では、感動ランキング上位でしたので、印象が強いせいもあります。
箱根駅伝まで、あと40日
マイナくん以外の安定感と、岡田監督仕込みの後半の粘りに期待できます。
特に、復路の安定感なら、駒大とも張れると思いますよ!

もう1校は帝京大。
本来、東海をここに入れたかったのですが、帝京を捨て切れませんでした。
全体の安定感とロードの強さは、上武、国学よりも上と見てます。
2区を凌げばシードも見えてきます。

日体大、明治大、専修大についても、応援してますが、勝負は上記5校とさせていただきます!
(駒澤大、山梨学院は、昔から生理的にダメなので敬遠しました。)

最後に専修大学について。
住中くんは現在、隠しですが、多分5区かではないかと思います。
ならば8区は長島くんとなり、次大会に向けた試金石です。

よろしくお願い致します。
<ここまで>

ってことで、今年も「ふぐ」の準備だけはしておきます。

今年も残りわずかですね。
ちょいちょい書いてきましたが、私もランニングを始めて1年が経ちました。
記念に、箱根駅伝予選会の舞台となる「立川・昭島マラソン(ハーフ)」に申し込みしました!!
来年からは、ランニングの記事もエントリーしていこうと思います。

完走できたら、ご褒美にオーダーシューズを買おうと思ってます♪





皆様にとっての、箱根駅伝も素晴らしいドラマでありますように!
よろしかったら、1票クリック↓↓↓お願いします♪
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by セカンドウィンド at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

箱根駅伝エントリー:専修大学の奇跡

箱根駅伝まであと4日・・・・いやいやご覧いただく頃には3日となっているかもしれませんね。

本日、箱根駅伝のエントリーが発表されました。
印象としては、各大学とも随分と意識した編成だな〜と思いました。
当日は、エントリー変更が多々あることでしょう。
まずは、ちょいちょい感想を。

・ほぼ順当のガチンコ勝負に出た日体大、山学大の潔さは、選手にも良い影響が出そう。
・東洋大の設楽兄弟(双子)のタスキリレーは、1区と2区で見たかった。
・2区は順当メンバーな中、早稲田大・平賀選手は意外。
・拓殖大マジックは、往路より復路か?
・優勝候補3校(早稲田大、東洋大、駒澤大)は、けん制しすぎでは?
・今回も、明治大は、広告駅伝に徹する模様・・・・

っといったところです。
今回も見処満載であることは、いうまでもありませんよね。


目下、私の注目は、母校でもある専修大学です。
ご存知のように、ここ10年でシード権獲得は1回のみと、私が在学していた頃とは、様相は変化しております。
しかしながら、選手、関係者は勿論、在校生や卒業生も、年に1度といっていいくらい駅伝で盛り上がると思うのです。
現に、私の職場では、専修大学の箱根出場が決まると宴会です!

現実的な結果がどうであれ、専修大学らしさを魅せていただきたいです♪
お題のとおり、専修大学のゆくえは・・・・・
私は、次回への試金石となる大会であって欲しいです。

前回に五ヶ谷選手に引き続き、私と出身高校も同じ大橋秀星選手が1区に起用されました。
前回大会前に書いた「箱根駅伝で専修大学が善戦するケース」ように、強豪校より戦力が劣るチームである故、1区が如何に流れを作れるかがポイントになると思います。

2区は、安定感のある五十嵐選手ですね。
ここを睨んで、トレーニングを積んできてますから、昨年以上の活躍は期待できると思います。
ただし、今回は、例年以上に粒揃いな感じです。
区間10位以内の走りは最低限!といきたいところです。

4区に、ルーキー・宮坂選手。
前述したように試金石となるレースですね!
後半の粘りに期待してます。

ここまでで、12位前後くらいにいてくれれば、奇跡が起きるかもしれないですよ・・・・

9区は、安島選手で、10区は、塩原選手。
ウラの2区とアンカーには、チームを牽引している選手が配置されてます。

ってことは、まだエントリーされていない選手がポイントですよね。

住中選手と長島選手です。
余程の事がない限り、どの区間かで起用されると思いますが・・・・・
私としては、ぜひ住中選手には、5区の山を登ってもらいたいです!
長島選手の出番は、私にも読めません。

今回の戦力では、ベストな配置だと思います。
そりゃ〜、星野選手がいれば更に期待できたのですが・・・

それぞれの箱根。
優勝だけが、すべてだと思ってません。
アクシデントではなく、一生懸命な姿で、専修大学ファンや観戦者を感動させて欲しいです。
私は、すでに今年のグッズを入手して、準備万端です。

001.JPG

このネックウォーマーなんですが、けっこう重宝できますよ♪
ジョギングでも使えますし、良い感じです。

兎にも角にも、兎年です。
専修大学らしい、ピョンピョン跳ねるような走りを見せてくださいね。
くれぐれも、体調には気をつけて、ベストパフォーマンスを期待してます。

私もランニングを始めて1年。
走る喜びも、練習の試練も、少しだけカジってます。
私は疲労が残りやすいので、下記のサプリなんかを使用してます。





脂肪燃焼と疲労回復を意識してやってます。
このサイトの3点セットはかなりお得ですよ♪

結局、専修大学の事ばかりになってしまいましたね。
他の注目校や注目選手は、他の方々にお任せします。

もしよろしかったら、励みになる1票クリックお願いします!!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by セカンドウィンド at 00:14| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

有馬記念:日刊コンピ指数

いよいよG1最後の有馬記念です。
前日までのフルゲートの予定が、なんと出走取消でフルゲートを割りました。
さらに、天敵であるコンピ泣かせ男・武豊Jの登場もありません。

日刊スポーツから発表された日刊コンピ指数で、検討すると厳しい状況ですが、少しでも可能性があるなら狙ってみたいです。
しかしながら、データ分析した結果、馬指数1位を斬って勝負するのは無謀に思えます。
馬指数1位を軸に据えても、3連馬券ならオイシイ配当にありつけるかもしれません。
先日、ご紹介した「【事前】有馬記念:日刊コンピ技報です!」を上手く活用して馬券を組んでいきたいところです。


<12・26 中山10R 有馬記念>

★86・68・62 ⇒馬指数1位が高確率
          ⇒馬指数3位、5位、6位、9位、11位



101226有馬記念−1.jpg

ここまで馬指数1位が馬券対象になっている以上、敬遠するわけにはいきません。
馬指数1位の1着流しに絞り込んでいけそうなデータです。
どの道、どこから買おうとも1位は押さえた方が良さそうです。
面白いところでは、馬指数11位です。
フィルター検索で抽出した24レース中、複勝圏に5回も絡んでます。
穴に一考の余地があると見ております。

馬指数1位を軸に下位指数への3連馬券でも買おうかな?と検討中です。

皆さんは、思う決まりましたか?
私は、当日の流れを見ながら、じっくり検討したいと思います。

よろしかったら、応援クリック↓↓↓お願いします♪
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬指数へ

nikkan_hyper01.png
posted by セカンドウィンド at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日刊コンピ予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。