2010年11月18日

箱根駅伝まで、あと45日

はじめに申し上げておきますが、私は陸上について、ド素人です。
ただただ、大好きなだけです。
そして、出身校である専修大学の大ファンです。

本日は、箱根駅伝についてです。
今や、年中行事にもなっている箱根駅伝。
その感動のドラマは、見ている人を釘づけにする何かがありますよね。
昨年も似たような箱根駅伝が本当に面白い理由でエントリーをしました。
その想いは今も変わりません。

今年も、いよいよ「箱根駅伝まで、あと??日」といわれる季節が到来です。
私のブログでは、日の当らない選手や穴馬にスポットを当てているので、順当な予想とは、少し趣向がが異なります。
プロスポーツではなく、アマチュアスポーツなうえ、対象はデリケートな学生ですので、上手に配慮しながらお話したいと思ってます。


私にとって、最大の注目は3つあります。

1.早稲田大学・猪俣英希選手

2.予選会突破組からの躍進チーム

3.専修大学



本日は1つ目についてです。

1.早稲田大学・猪俣英希選手
今年も、私好みの選手の出現です。
彼は、福島の進学校から、一般受験で入学し、4年次の今年まで駅伝メンバーではありませんでした。
しかしながら、見事、全日本大学駅伝で鮮烈デビュー!!
その走りは、私を虜にしました。
スター選手、エリート集団といわれようとも、10人揃えることは不可能です。
いかに、底辺が強いか!が大事です。
その中で、猪俣選手の走りは、前半は突っ込み気味?かと思いきや、後半はさらにスピードを上げてきました。
駅伝が初めてとは思えないくらい、試合巧者な運び方だったと思いました。

「夢を諦めない」的な、チャレンジ精神が私の心を動かします。
昨年の、エリート神澤選手のようなガッツを魅せてくれます。
そういえば今頃、神澤さんは何をしているんでしょう?
きっと、バリバリ働いているんだろうな〜

過去エントリー:箱根の前哨戦:全日本学生駅伝

他の大学にも当然、一般受験から選手登録してきているかと思います。
そこにたどり着くまでは、人一倍の努力があったと思います。

その、それぞれのドラマに少しでも触れれば良いな〜と思います。


CMチックですが、選手が身につけるアイテムも気になりますね!
かつてはスパイラルテープを貼っている選手が多かったですよね。
(私も学生時代、愛用してました)
今年は、ファイティンのグッズ?
それとも下記か?



現在、私もトレーニング時に利用してますが、それなりの効果を感じております。

時期未定の次回は、2つ目のテーマについて、ネタ揉みます♪

まあまあかな〜と思ったら、励みになる1票クリック↓↓お願いします♪
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by セカンドウィンド at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。