2011年10月29日

天皇賞・秋:日刊コンピ

さて、今週から古馬のG1が始まります。
天皇賞・秋です。
最近の不気味にも思えるCMが気掛かりです。
あのころ、3連単があれば、日刊スポーツの日刊コンピ指数から買えたな〜と。
あのスペシャルウィークが勝った時の指数1位は79でした。
当時、79は馬指数1位の馬券対象率が高かったのですが、一方で、飛んだ時は馬指数4位が連対する確率が高かったです。
その馬指数4位にスペシャルウィークだったんですよね。
その後、スペシャルウィークが4位以下になることなどありませんでした。
天皇賞・秋が絶好の買い時だったんでしょうね。
でもスペシャルウィークは万馬券になるケースが多く、大変お世話になっておりました。

さて、今年の天皇賞・秋もチャンス到来です。
お世話になっていたスペシャルウィーク産駒のブエナビスタが、毎度のように1番人気というのに、日刊コンピ指数は1位90とはなりませんでした。
ここ2週のG1では、馬指数1位90で、網目をくぐるのに苦労しましたので楽しみです。
(菊花賞は、出番なし)
ついでに、ブエナビスタは人気になる割に、取りこぼしが多く、3連単馬券に妙味があります。
これもスペシャルウィークからの万馬券DNAなのでしょうか?
(このブログでは血統の話は控えます)


今週のポイントは、

・馬指数1位の取捨

となるかと思います。

馬の人気が先行して単勝がカブるようであれば、穴党は大穴馬を探す事なく、冷静に馬券組みが出来るかもしれません。

よって、馬指数1位が飛ぶケースを期待して検討してみました。
本日は、3つの検索データをご紹介します。


<10・30 東京11R 天皇賞・秋>

★74・67・65  ⇒馬指数2位、4位
           ⇒馬指数1位、3位、5位、6位
           ⇒馬指数7位、8位



111030天皇賞1.jpg

馬指数の欄や枠指数の欄を見れば気付く(緑色が目立つ)と思いますが、馬指数2位からの決まり手が多いようです。
そして、単狙いなら馬指数4位は面白そうです。
この時点では、馬指数1位は馬券対象圏にウロウロしてます。

もう少し絞ってみましょう。

★74・67・64 ⇒馬指数2位、4位
          ⇒馬指数3位、6位、7位


111030天皇賞2.jpg

上記のように絞ると、馬指数5位がサッパリの状況に陥ります。
馬指数1位を斬るなら、押さえに回せますが、このあたりが迷うところです・・・・
逆に、伏兵ながら、この時点でも馬指数7位が残ってます。
3連馬券の相手やフォーメーションで押さえる手もありそうです。

最後に、小生の懐の関係で、さらに絞っておきます。

★74・67・65・64 ⇒馬指数2位、4位
             ⇒馬指数3位、6位


111030天皇賞3.jpg

ここまで、馬指数の2位と4位が、ほぼ互角に残りました。
この2頭とは、個人的に馬券相性も良いので、楽しみです。

私は、馬指数1位を斬ることは決定しましたが、それ以外の買い方は決めてません。
当日の流れを大事に、BOXにするか、流すかを決めようと思います。

少額で夢が見れるチャンスレースであることは、間違いなし!と思ってます。
毎度、強気のようで日和見なブログでございますが・・・・

よろしかったら、1票クリック↓↓↓お願いします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬指数へ

nikkan_hyper01.png
posted by セカンドウィンド at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日刊コンピ予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。