2012年02月04日

東京新聞杯:日刊コンピ

すっかりご無沙汰しております。
自身のフルマラソンに向けた、追い切り調教に追われ、すっかりブログアップをサボってました。
昨年は、少額ながらも回収率は125%、的中率は20%と上々の仕上がりでした。
ある程度、レースを絞り、少ない小遣いを投じ回収するしかないので、なかなかアップ出来ないのも現状です。
しがないサラリーマンに尽き、ご容赦ください。
そうはいっても、飯田雅夫氏の応援隊な私としては、ハイパーナビゲーション中心の予想が基軸となっております。
小遣いもなく、自身のランニングの趣味に時間を割いているので、大負けはしてませんが、大勝ちもしてません。
ついでに、競馬関連の読み物を手にする時間は増えましたね・・・・
日刊コンピとは関係ないですけど、これは面白いです。
少し古いですが、さすがは、日経新聞記者だけあって、鋭いタッチです。
ビジネス的な側面からも色々勉強になります。

競馬よ!―夢とロマンを取り戻せ

新品価格
¥1,680から
(2012/2/4 20:22時点)




さて、明日は、東京新聞杯です。
日刊コンピ指数を眺めていると、久々に、遊べそうな重賞です。
少額で遊んで夢を見てみたいと思います。

<2・5 東京11R 東京新聞杯>

★69・68・64・63  ⇒馬指数1位、3位
              ⇒馬指数2位
              ⇒(複勝)馬指数4位、7位、12位


120205東京新聞杯ー1.jpg

指数1位が69なのに、馬指数1位、2位、3位が連に絡んでくる傾向とも取れます。
少なくとも1頭は絡んできそうな気がします。

しかし、波乱を期待する私は、下記のような検索をしてみました。

★69・68・58  ⇒馬指数1位、3位、5位、7位
           ⇒馬指数6位、8位、9位


120205東京新聞杯-2pg.jpg


指数6位58が気になり、検索してみました。
すると、馬指数9位くらいまで、穴馬の検討をしてみる価値がありそうです。

そうはいっても、候補馬が多すぎるので、厳しめに絞りを入れてみたのが、下記です。


★69・68・58  ⇒馬指数1位、3位、5位、7位

120205東京新聞杯-3pg.jpg

ここまで絞れれば、少額でも楽しめるかな?と思ってます。

馬指数2位、4位は不気味ですが・・・・思い切って目を瞑るしかないです。


久々なので、若干、感覚が鈍いかもしれません。
でも、久々なので楽しみです。

よろしかったら、1票クリック↓↓↓お願いします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬指数へ

nikkan_hyper01.png




posted by セカンドウィンド at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日刊コンピ予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

天皇賞・秋:日刊コンピ

さて、今週から古馬のG1が始まります。
天皇賞・秋です。
最近の不気味にも思えるCMが気掛かりです。
あのころ、3連単があれば、日刊スポーツの日刊コンピ指数から買えたな〜と。
あのスペシャルウィークが勝った時の指数1位は79でした。
当時、79は馬指数1位の馬券対象率が高かったのですが、一方で、飛んだ時は馬指数4位が連対する確率が高かったです。
その馬指数4位にスペシャルウィークだったんですよね。
その後、スペシャルウィークが4位以下になることなどありませんでした。
天皇賞・秋が絶好の買い時だったんでしょうね。
でもスペシャルウィークは万馬券になるケースが多く、大変お世話になっておりました。

さて、今年の天皇賞・秋もチャンス到来です。
お世話になっていたスペシャルウィーク産駒のブエナビスタが、毎度のように1番人気というのに、日刊コンピ指数は1位90とはなりませんでした。
ここ2週のG1では、馬指数1位90で、網目をくぐるのに苦労しましたので楽しみです。
(菊花賞は、出番なし)
ついでに、ブエナビスタは人気になる割に、取りこぼしが多く、3連単馬券に妙味があります。
これもスペシャルウィークからの万馬券DNAなのでしょうか?
(このブログでは血統の話は控えます)


今週のポイントは、

・馬指数1位の取捨

となるかと思います。

馬の人気が先行して単勝がカブるようであれば、穴党は大穴馬を探す事なく、冷静に馬券組みが出来るかもしれません。

よって、馬指数1位が飛ぶケースを期待して検討してみました。
本日は、3つの検索データをご紹介します。


<10・30 東京11R 天皇賞・秋>

★74・67・65  ⇒馬指数2位、4位
           ⇒馬指数1位、3位、5位、6位
           ⇒馬指数7位、8位



111030天皇賞1.jpg

馬指数の欄や枠指数の欄を見れば気付く(緑色が目立つ)と思いますが、馬指数2位からの決まり手が多いようです。
そして、単狙いなら馬指数4位は面白そうです。
この時点では、馬指数1位は馬券対象圏にウロウロしてます。

もう少し絞ってみましょう。

★74・67・64 ⇒馬指数2位、4位
          ⇒馬指数3位、6位、7位


111030天皇賞2.jpg

上記のように絞ると、馬指数5位がサッパリの状況に陥ります。
馬指数1位を斬るなら、押さえに回せますが、このあたりが迷うところです・・・・
逆に、伏兵ながら、この時点でも馬指数7位が残ってます。
3連馬券の相手やフォーメーションで押さえる手もありそうです。

最後に、小生の懐の関係で、さらに絞っておきます。

★74・67・65・64 ⇒馬指数2位、4位
             ⇒馬指数3位、6位


111030天皇賞3.jpg

ここまで、馬指数の2位と4位が、ほぼ互角に残りました。
この2頭とは、個人的に馬券相性も良いので、楽しみです。

私は、馬指数1位を斬ることは決定しましたが、それ以外の買い方は決めてません。
当日の流れを大事に、BOXにするか、流すかを決めようと思います。

少額で夢が見れるチャンスレースであることは、間違いなし!と思ってます。
毎度、強気のようで日和見なブログでございますが・・・・

よろしかったら、1票クリック↓↓↓お願いします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬指数へ

nikkan_hyper01.png
posted by セカンドウィンド at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日刊コンピ予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

菊花賞:日刊コンピ

アップが大変遅くなりました。
自身の湘南国際マラソン出走に向けた調教が立て込み、大変恐縮です。

いよいよ菊花賞
3冠馬が誕生するか!という焦点に興味がわいてません。
色々なファクターありますが、ここでのアップは、日刊スポーツの日刊コンピ指数を中心にしておきます。

今回は、3冠馬を阻止できそうな組み合わせをご紹介します。
穴党らしく、3冠馬が誕生したら、ゴメンナサイする程度の少額で楽しみます。

<10・23 京都11R 菊花賞>

★90・68・枠1位同枠  ⇒馬指数1位、3位、4位、8位
              ⇒馬指数5位、9位
              ⇒枠指数2位、3位
              ⇒3着に馬指数5位


111023菊花賞1.jpg


指数1位と2位が同枠にいる場合、1位―2位の決着は低確率です。
不気味なのは、枠指数2位と3位ですね。


★90・枠指数59・枠指数58・枠1位同枠  ⇒馬指数1位、4位、9位
                       ⇒2着に馬指数2位
                       ⇒3着に馬指数4位、5位、6位


111023菊花賞2.jpg

ここまで絞ると10数レースに絞れます。
馬指数1位が飛んだときは、馬指数2位が2着になるというレースが目立ちます。
また、ここでも枠指数3位である、馬指数4位は8位が存在感があります。


ちなみに馬指数8位はコンピ泣かせ男・武豊J・・・・取捨に困ります。


ということで、今回は、馬指数1位が3冠馬にならない場合を想定して、検索してみました。
こじ付け気味ですが、少額で夢をみる穴党は、こちらに期待が膨らみます。

ギリギリのアップですが、よろしかったら応援クリック↓↓お願いします♪
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬指数へ

nikkan_hyper01.png
posted by セカンドウィンド at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日刊コンピ予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。