2010年11月09日

キャプテンの決断 #7 西岡剛 

日本一の余韻?なんて、なんのその!
毎度、お馴染みのストーブリーグの開幕ダッシュを図ろうとしている、我が千葉ロッテマリーンズです。

昨年の今頃は、ドラフトで斎藤祐樹投手を1位指名する!と公言したり、今岡選手などの入団テストを行ったりと盛り上げてくれてたことを思い出しました。

FA宣言では、現横浜・橋本将選手だけでしたので、マスコミの注目度は、他球団に比べれば静かな方でした。

今年は、クライマックスシリーズ前から囁かれていた、

#7 西岡剛選手

の動向が、注目の的になりそうです。

昨年の騒動、今年のキャプテンとしてのリーダーシップをとっても、覚悟を決めて戦っていた姿を見ている私は、「夢を追いかける」人間をスッキリと送り出したいと思ってます。
彼のメジャー志向は、今年の成績がそうさせてたわけではなく、2005年のレギュラー確保、WBC出場あたりから、具現化を目指した取り組みだったはずです。
同郷の松井 稼頭央選手と自主トレを行ったり、#6 井口資仁選手とのコミュニケーションを見ても、かなり意識していたわけですよね。
タイミング的には、絶好かもしれませんね♪

しかし、心配事もあります。
イチロー選手は、首位打者を何回も取った裏付けがありますが、他の野手を見ると、松井 稼頭央選手、田口選手、新庄選手、井口選手などのような、旬の短い傾向も覗えます。
一方、松井秀喜選手、福留孝介選手のように、NPBのような活躍が出来ない事だってあります。

#7 西岡剛選手の「夢」はメジャー選手になることなのか?メジャーで活躍できる選手になることなのか?
当然ながら後者でしょうが、モチベーションの絶好期とはいえ、もう1回タイトルを取ってキャリアをつけてからのほうが良いような・・・・
旬で行かなくても、人に感動を与えるメジャーライフもあるわけですし。
彼らのように↓↓↓海を渡ることだって、素晴らしい野球人に思えることだってありますからね。

夢のつづき

新品価格
¥1,500から
(2010/11/9 23:43時点)



かなり前に読んだ本ですが、この中での桑田真澄氏のエピソードに感動しました。

それでも、今年1年の取り組みをみていると、純粋に彼の決断を尊重したい気になります。
それは勿論、マリスタでプレーしている姿も好きですが・・・・

みなさんは、どんな感想をお持ちですか? 1票クリック↓↓↓いただけると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 野球ブログへ   にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ


posted by セカンドウィンド at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

【完遂】史上最大の下剋上

見事、我が千葉ロッテマリーンズが日本一!!!

思えば色々ありました。
フロントとファンとの騒動、ゲガ人続出、クライマックスシリーズ3位からの日本シリーズ進出による物議・・・

それでも、このシリーズの激戦を見れば、パリーグの代表として、胸を張れるのではないでしょうか?
延長戦は、実に3試合、引分け1試合。
そして、その素晴らしい激戦は、中日ドラゴンズの野球レベルの高さが導いてくれたものかもしれません。
本当に紙一重だったと思います。
この場を借りて、お礼申し上げます。

2005年の日本一より、喜びが倍増する理由は、何といっても、この戦力。

最後まで諦めない!

西村野球が最後に花を咲かせたかたちとなりました。

ここまで、ケガ人によるアクシデント続きの中、よくぞ踏ん張った!
この執念が素晴らしいです。

短期決戦型のこのチームに、お祭り男が、1人加わったことも大きいですね。

・#1 清田育宏選手

そして、CS2st 気になるのは今江の打順です!!でエントリーしましたが、来期は#8 今江敏晃選手の5番は、かなり機能することを体感できました。

MVP候補とならないでしょうが、このポストシーズンでの私の中でのMVPは、

#22 里崎智也選手!


里崎智也に、風が強く吹いている!!でのエントリーしたように、短期決戦でのギャンブルスイングにギャンブルリードは、ハラハラドキドキしながらも、面白いように決まってしまうんですよね。
大舞台では、誰もが微妙なズレに怯みがちですが、彼にはそんな邪念は、このポストシーズンではなかったです。
何か、覚悟の表れだったのでしょうか・・・・

驚いたのが、試合後、ガンクリオンを患っていることが、TVから流れました。
日本一の嬉しさより、その症状が心配です。
ジョニー黒木が引退後は、大好きな選手なだけに、サトばかりに目がいく私ですが・・・・

ヒール上等!とまでに、マスコミや解説者に批判された日もありました。
クライマックスシリーズを勝ち抜いて、物議も・・・・
地上波放送されない日もありました。
それでも、最後まで諦めずに、チームスローガン「和」で戦い抜いた姿に勇気をもらいました!
選手、フロント、ファンが三位一体と信頼し合う「和」が大切なこと
第6戦、第7戦を見た方なら、納得していただけたのではないでしょうか?


先日、落合監督の「野球の素晴らしさ」って?でエントリーした時には、見えなかったものが、少しだけ見えました。

コーチング―言葉と信念の魔術

新品価格
¥1,575から
(2010/11/7 23:56時点)




気になって、こんな本を雑読してみました。

落合監督が魅せた執念・・・・今日は#41 浅尾投手でしたね。
普段はじっくり見てませんでしたが、身体能力の高さと、監督の期待に応え続けた彼の姿は相手チームながら、心を打たれました。

千葉ロッテマリーンズ、日本一!おめでとう!!
そして、素晴らしい試合をさせてくれた、中日ドラゴンズ、ありがとう!



おめでとう!ついでに1票クリック↓↓↓お願いします♪
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 野球ブログへ   にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

posted by セカンドウィンド at 00:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

マリーンズにとっての、予想ダコは?

思えば不思議な現象が起きている気がしております。
本日、我が千葉ロッテまり―ズは日本シリーズ3勝目を挙げました。
これはとても嬉しい話なのですが、新聞紙上をみると、どうも・・・・あの男が話題を持っていくんですよね。

その男?それは

ダルビッシュ・有選手

です。

彼は、ワールドカップの予想ダコのように、マリーンズの勝利を誘導してくれるんですよね。

クライマックスシリーズは、ポスティング、メジャー騒動

日本シリーズは、ゲスト解説、離婚騒動



なんなんでしょう・・・この現象は?
千葉ロッテマリーンズファンとしては、ありがたい勝利のけん引役ですが、数少ない1面掲載も楽しみなので、嬉しい悩みです。

中日ドラゴンズ・落合博満監督は、勝っても淡々としているというか、ネガティブというか・・・
とにかく、高いレベルでの野球の捉え方なんでしょうかね?
ファンが盛り上がるツボもない、勝利インタビューは、少し淋しいですが、とても引き締まっている感じを受けます。
正直、ナゴヤドームでの6戦、7戦で、何かサプライズがありそうな気がしてます。

あと一つ、予想ダコがこちらのツボに入ってくれないか!
ダルビッシュさん、もうひと騒ぎヨロシク!!!

ダルビッシュ有の変化球バイブル (B・B MOOK 623 スポーツシリーズ NO. 496)

新品価格
¥1,000から
(2010/11/4 23:16時点)




ちなみ、この本↑↑には、そんな魔法(予想ダコ)のことは書いてなかったです・・・・・
しかし、第3戦の解説には、あっ晴れでしたよ!

ついでに、第3戦に一緒にゲスト解説した古田敦也氏の本はこちらです。

フルタの方程式 バッターズ・バイブル

新品価格
¥1,890から
(2010/11/4 23:17時点)




この本により近い解説はしてくれるので、私にとっては聴き心地のよい解説者の1人であります。

ひろしま国際平和マラソンは無事完走しました♪
マリーンズレプリカを着たランナーを走っている時に見つけました。
なんか嬉しかったな〜
その彼は、#6 井口Tシャツでした。
気づくように、接近して追い抜いたけど気付いたかな~

今シーズンも、大詰めです。
応援とともに、1票クリック↓↓↓お願いします♪
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 野球ブログへ   にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

posted by セカンドウィンド at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉ロッテマリーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。