2011年05月05日

WIN5と日刊コンピ〜その2

最近は、WIN5の解析に勤しんでおり、アップが出来ない状況であります。
さて、みなさんは、WIN5の手応えは、いかがでしょうか?

現実として、的中された方もいるわけで、チャレンジしない以上は手中に収めることはできません。
では、どのようにして、的中へ向かうか・・・・

ここが、ポイントになります。
前回エントリーのWIN5と日刊コンピ〜その1でのご紹介から、これまで2回の結果をみながら、方法を画策しておりますが、WIN5との付き合い方について、少しお話しようと思います。


まずは、アップできなかった、反省を含め、天皇賞・春について解析したデータをご紹介します。
110501天皇賞−2.jpg

馬指数88・68・61・57でエクセルの検索フィルターをかけると、7レース中3レースが馬指数6位(2号馬・ヒルノダムール)に該当しておりました。
少額ながら、単勝と3連複をGETできたものの、WIN5にチャレンジしていたので、この指定レースの5番目が単勝的中したところで、喜べませんでした。

私に、何が起きていたか?というと、指定レースの序盤戦を取りこぼしているんです。
この2週での教訓は、

・1頭のみ指名できるレースを探すこと
・序盤戦(指定の1番目、2番目など)は手広く指名
・よほどの事がない限り、キャリーバックはない


ということです。

正直、私はキャリーバックの翌週が勝負!と考えておりましたが、キャリーバックされる確率は低いと考えを切り替えました。
それであれば、これに対応する策を模索する必要がありますよね♪
現時点で、思いついたことは

・序盤戦は、最低3頭を指名
・1頭のみ指名できるレースを最低1レース用意
・購入点数を手広く買える日に勝負(資金が準備できないときはパス)


この3点が、私にとっての肝となりそうです。
特に、最後の購入点数を絞っても広げても、ダメな時はダメでしょうが、風向きというか、自分の流れが必要となりますよね。
っというのが、自分の夢をかけた作戦です。

いや〜、それだけ知恵を絞り、データと睨めっこして、的中すれば良いのでしょうが、上手くいかないからこそ、WIN5なんですよね。

それであれば、日刊コンピ指数を駆使する以上、人気薄の馬も指名しておきたいところです。
当然、買い目は増えますが、初的中までは、100点を100円買い!くらいを考えていきたいなと。
そんな時、みなさんは、どうされますか?

私も考えていたのですが、師匠・飯田雅夫氏からアドバイスを受け、月に1度くらいはやってみようかな〜?と思っていることがあります。

仲間どうしで検討、割り勘購入!

例えば、5人が集まれば、1人3000円で計15,000円が購入資金となります。
的中して5人で分配しても、3000円の出資を考えれば、リバックは大きいと思うのです。
そして、なによりも、みんなで的中したという一体感も味わえるのでは?と。

私の仲間うちで5人集まるかは不明ですが、いずれにせよ数名集まれば、購入点数に比例して夢も広がるのではないか?と考えてます。
勿論、私は日刊コンピ指数から指名馬を決めていきますよ♪

今後、WIN5のデータが蓄積されるにつれ、必勝法たる記事や本を見る機会が増えてくるわけですよね。
とはいえ、3連単の必勝本すら少ないので、WIN5の必勝本は、ロト6の必勝本くらいの価値しかないかもしれません。
ですので、日刊コンピが大好きな方は、是非とも、大振りをせず、冷静かつ基本に忠実なスタンスで構えることが、大前提となるような気がしてます。
なんとか、日刊コンピ指数を駆使して、的中させてみたいものです。

日刊コンピハイパー必勝式58 (競馬ベスト新書)

新品価格
¥940から
(2011/5/5 22:05時点)




私の師匠の最新本です。
データは、徐々に動くものですので、最新版にも目を通していただいた方が、的中への、より良いヒントになると思いますよ♪

よろしかったら、1票クリック↓↓お願いします♪
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬指数へ

nikkan_hyper01.png
posted by セカンドウィンド at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 私と日刊コンピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

WIN5と日刊コンピ〜その1

いよいよ今週からJRA新馬券「WIN5」が始まります。
タイミング的には、複雑な状況にあるかと思います。
しかし、始まる以上、それなりに真剣に向き合っておきたいと考えました。
プロ野球にしても、やるべきでない時期と、逆にやるべき時があります。
それぞれの立場で、今やるべき事もあると思います。

私も、純粋な素人日刊コンピファンとして、日刊コンピファンなりに、コンピスストたる哲学と向き合いたいです。
っというほど、大袈裟なものではありません・・・・
私の師匠である飯田雅夫氏と付き合い始めて、いよいよ干支が一回りですので、それなりにバックアップできれば良いなくらいなものです。

さて、WIN5は、「指定された5レースで1着の馬を当てる」というものです。
私が、こよなく愛するハイパーナビゲーションは、日刊スポーツ紙の日刊コンピ指数を解析することによって「荒れるレースを探す」ものと考えられます。

さあ、どうやって駆使していこうか?
これが、これからのテーマとなりそうです。

唯一、言えることは、パドック派の方は、時間的に、馬券の見極めが難しくなるのでは?と。
競馬の醍醐味!と思っていた方は戦法を変えることになるわけですよね・・・・複雑です。
今のところ、定性的にはこれくらいしか、思いつきません。

逆に定量的に考えた時、日刊コンピ指数は結果がデータ(根拠)として利用できる点が魅力的です。

例えば、先日の若葉Sのエントリーが良い例です。

若葉Sと日刊コンピは、見事に功を奏したかたちとなりました。

110320若葉S-1.jpg

指定された5レース中、3または4レースが馬指数1位や2位の本命線であっても、5レースすべてが本命線である可能性は極めて低いはずです。
これは、サイコロを転がして、ゾロ目を何度も連続させて出す様なものです。
こういうレースには、2,3頭の指定が必要でしょうが、波乱予想を立てたいところです。

また、低配当レースの場合、いわゆる今まで敬遠していた様子見レースの時は、極力馬を絞って本命線で待ってみようかと考えてます。

例えば、馬指数70・69・67・58

WIN5検証1.jpg

馬指数が70とはいえ、手を出しずらいレースでした。
でも、指定されてしまった場合、馬指数1位を指名しても良さそうでしょね。

今日の最後になりますが、買い時についてです。
私は、ハイパーナビゲーションに基づいて、1日最大36レースある中、厳選して荒れそうなレースを絞ってきました。
(単にお小遣いが持たなかったからですが)
ならば、「キャリーバックの翌週」がビックチャンスかと。
勿論、毎週やりたいですが、少額で楽しむ派としては、狙いを定めていきたいところです。

最大配当が2億円であって、当選者が多ければ配当は分配されます。
当選者が出る可能性が低くないと考えている私としては、ミニロトの1等賞くらいの配当になるのではないか?と思ってます。

今日の時点での考察はここまです。
師匠・飯田雅夫氏が気になる方は、書店または下記をお手にしてみてはいかがでしょうか?

日刊コンピハイパー必勝式58 (競馬ベスト新書)

新品価格
¥940から
(2011/4/20 23:01時点)




よろしかったら、1票クリック↓↓お願いします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ  にほんブログ村 競馬ブログ 馬主へ

nikkan_hyper01.png



posted by セカンドウィンド at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 私と日刊コンピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

トイレの神様がいるなら、コンピの神様だって!

昨年末、M−1では「小銭の神様」が、紅白歌合戦では「トイレの神様」が大ブレイクしました。
ブログ更新をしていなかったうえ、こんな記事かと思われるなかれ!・・・・

植村女史が唄う「トイレの神様」の詩を聞いていると、ふと思うことがありました。
「コンピの神様」がいるならば、どんな取り組みをするべきか?
べっぴんさんになれる代わりに、小遣いが増えてくれればな~と。
(いきつくところは結局、「小銭の神様」か?)

私は、日刊スポーツの日刊コンピをこよなく愛しておりますが、「コンピの神様」からの恩恵はうけているのかな?
コンピには〜♪ それは〜♪ 綺麗な女神さまがいるのか?

今年はそれを探しながら、楽しく綴るコラムにも取り組んでみたいと思います。
正直申し上げるなら、「コンピの神様」はあらゆるヒントを授けてくれます。
それは・・・・コンピ指数の中に潜む神秘です。
そして、練習(訓練)は嘘をつきません。
しかしながら、常人と同じ取り組みであればオイシイ馬券にありつけない・・・・
世の中と同じで、人がやらないことを早く取り入れて付加価値を上げることが必須です。

早速ながら、近々で、日経新春杯で、面白いメンバーで走ることになりそうなので、ご紹介しておきます。
昨年、私が恩恵にあやかった、コンピと相性の良い馬が3頭も登録しております。


ローズキングダム :人気馬になるが、大きく外さない上、穴馬を連れてくる

コスモファントム :馬券に絡む時は1番人気でないので中穴以上が期待できる

ビートブラック :「幸か、不幸か、幸英明」でもご紹介の通り、昨年最大の惑星馬。
なぜか、コンピとの相性も良く、人気以上の働きをしてくれます。


その一方、過去の日経新春杯だけのデータを見ると、3頭で決着!といくか微妙です。

日経新春杯データ.jpg

このデータを見る前までは、ハンデ戦だけに荒れる傾向かと思ってましたが、意外に安定傾向です。
特筆するなら、馬指数1位が飛び、馬指数2位から中穴以降になるケースが目立ってます。

よって、おそらく馬指数1位になるであろう、ローズキングダムの取捨がポイントです。
なにしろ、コンピ泣かせ男・武豊Jですから。
また、ビートブラックが中位指数〜下位指数に潜むなら要注意です!

日刊コンピは一定軸を持って検索することが大切ですが、縦軸・横軸など個々の特性を生かして、柔軟に細部を追いかけるのも楽しいですよ!

我が師匠・飯田雅夫氏のハイパーナビゲーションのデータが基盤ですが、私は少しアレンジしながら楽しんでます。
仮にトイレの神様がいなくても、コンピの神様は指数の中に潜んでます。
それに出会うのが、簡単かどうか?だけなのでしょう。

今日からでも、データを入手して、取り組んでみたいと思う方、ハイパーナビゲーションのページからデータを購入してみてください。
100円購入した万馬券が2発で元は取れます。
nikkan_hyper01.png

もう一方の視点で、私が活用しているのは、下記です。

コンピ指数データバイブル 2010秋―日刊スポーツ compi number (NIKKAN SPORTS GRAPH)

新品価格
¥2,800から
(2011/1/12 23:45時点)



この号で最終号となる予定とのことです。
この本では、秋G1の特集で過去のG1結果が確認できます。
ちなみにこの号が発売される前から、私は、あるヒントを見出していました。
【事前】有馬記念:日刊コンピ技報です!
中古でもいいので、過去のものも入手しておくと良いと思います。

っという感じで、今年は気になる視点を何度ご紹介できるかな〜
コンピの神様を探す旅は、これからかもしれませんしね♪

もし、これから取り組んでみよう!と思う方は、ニッカン競馬セミナーなんかもおススメですよ。

よろしかったら、1票クリック↓↓↓お願いします。
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 競馬ブログへ  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬指数へ

nikkan_hyper01.png
posted by セカンドウィンド at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私と日刊コンピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。